ホーム > 口腔外科・インプラント

口腔外科・インプラント

自分の歯で噛めるよろこび、シアワセ…

インプラント(人工歯根療法)は、人工の歯を固定するための土台として、あごの骨に人工の歯根を埋めることです。歯ぐきにのせる入れ歯に対し、人工の歯で噛む振動がそのまま骨にも伝わり、身体の一部のように感じることができます。

自分の歯で噛めるよろこび、シアワセ…のイメージ

岩井歯科は、ISOの規格を取り込んだ「健康創造サロン」の一つの空間として「インプラントサロン」を増設し、予防と治療の適切化をテーマに、「ISO14001;2004」認証取得しました。
開院して27年、当初より行っておりましたインプラントもずいぶん一般的そしてシンプルになってきており、CTによる診断を伴うことで、安全性が増し、多くの術式も考案され、臨床ケースも広がり、成功率も95%以上と環境が整備されればされるほど、結果はあがってきております。

当院のインプラントサロン(手術室)での環境は、いすのタカラが特別に考えた新製品(NEXSTAGEチエアー)でゆったり過ごしていただくことのできる空間で、治療を安心して受けていただく為に、身体の反応が見られる、モニタリングの設備(生体モニター)や、酸素吸入器、AED,静脈内鎮静を行う為の点滴セット、空気清浄機、ルミナンスライト(3灯セット)、クリーンエリアプラスなどの完備、消毒、滅菌においては、国際的には感染予防策としてスタンダードプリコーション(標準予防策)の実践が常識的となってきており、世界で代表的なラピッドステリライザーHS22K5,卓上ウオッシャーディスインフェクターを使用し、操作はスタートボタンを押すだけで、予め設定してあるプログラムで作動し、危険な手洗いから作業者の安全を守り、器材の洗浄・消毒を確実にする仕組みです。診療室の水は、エピオスのシステムを導入しております。隣の庭園に隣接したサンルーフの設置されたレストルームでは、青空を見上げて空間を楽しみながら術前術後の時間をご自由にお使いいただけるようになっております。

インプラントのイメージ
安全性を高めるための取り組みをおこなっています

インプラントの3つのメリット

治療の流れ

STEP1初診カウンセリングのイメージ
STEP1初診カウンセリング

初めて来院される方、1年以上来院されていなかった方には初診カウンセリングを受ける時間を取らせていただいております。
気になっていること、聞きたいことなど、気軽にお聞かせください。当院の仕組み、診療の流れ(IMTS)もご説明します。
インプラントが気になっていらっしゃる方は、お申し出ください。初めて来院される方、1年以上来院されていなかった方には初診カウンセリングを受ける時間を取らさせていただいております。
気になっていること、聞きたい ことなど、気軽にお聞かせください。当院の仕組み、診療の流れ(IMTS)もご説明します。
インプラントが気になっていらっしゃる方は、お申し出くださ い。

STEP2検査・治療計画のイメージ
STEP2検査・治療計画

まずはじめに、IMTSにのっとった治療方針を進めながら、欠損歯があれば欠損をおぎなうため、インプラントその他の治療法との比較をシュミレーション画面を見ながらご説明します。お見積もりが必要な方には見積書のご用意をいたします。
インプラントを入れたい理由をお聞きします。
何でも食べられるようになりたい、空気の漏れない発音をしたい、天然歯のような美しい歯を入れたいなど、患者さんの要求をはっきりさせることが狙いです。
再度、カウンセリングを行い、そして安全に治療を行ううえで納得いただいてから、必要な、さまざまな検査を行うことになります。そして大事なことは健康状態。インプラントの成功は全身の健康状態にも大きく左右されます。その後、CT検査を行いインプラント治療の計画をたて、計画書、見積もり書、契約書を介してご説明を行い、具体的に日程を組み込んだ予定を決定し、請求書の作成に入ります。

STEP3インプラント埋入前の準備のイメージ
STEP3インプラント埋入前の準備

手術の前に、リスク検査の結果等から立案された、IMTS(予防、虫歯、歯周病の疾患等とインプラントとの治療を組み込み)計画を立て日程の打合せ説明を行い治療に入ります。
骨が不足している場合は、造成する手術が組み込まれます。

STEP4手術のイメージ
STEP4手術

基本的には2回法を推奨しております。
歯肉を切り開き、骨に孔をあけてフィクスチャーを埋めこむ第一次手術。インプラントが骨にうまく結合したら、インプラントとインプラント義歯をつなぐアバットメントを装着する第二次手術。計2回の手術を行います。

STEP5最後にのイメージ
STEP5最後に

天然の歯と見分けのつかない人工歯をインプラントに装着し、お手入れの仕方などを練習します。

STEP6メンテナンスのイメージ
STEP6メンテナンス

1カ月後、3カ月後、6カ月後に検診をしていただきます。
インプラントを長持ちさせ健康でいるために、無理のない計画でメンテナンスを行っていきます。