ホーム > 予防歯科

予防歯科

予防歯科のイメージ

岩井歯科では、予防を中心とした歯科治療『定期的で継続的なメンテナンスを主体にした歯科診療』を推し進めて参りました。歯科先進国である北欧の予防システムを30年前から取り入れられ、データ管理を中心とした予防の仕組みをつくり、世界でもトップのデータを作っていらっしゃる山形県日吉市の日吉歯科診療所の熊谷崇先生を目指したメディカルトリートメントモデル(MTM)を取り込んで岩井歯科独自の仕組みとして、IMTSを組み立て勧めております。

日吉歯科では現在、定期的に来院してメンテナンスケアを受けている子供たちにおいては、12歳時に永久歯に一本のむし歯のない人(カリエスフリー)の率90%以上を達成し、歯科先進国のスウェーデンと肩を並べるほどの結果を示しています。ちなみに、日本全体の12歳時のカリエスフリー率は30%程度です。また、成人においては、長期にわたりメンテナンスを継続している方は治療後の抜歯率が大変低く、20年以上メインテンスを継続している方については、75歳での残存歯数が平均18本で、厚労省の歯科実態調査における75歳の平均残存歯数8本より、10本も多く残存しています。こうした日吉歯科診療所の取り組みは、様々な論文になり海外においてもその成果は注目されています。

なぜIMTSの取り組みが必要か

なぜIMTSの取り組みが必要かのイメージ

現在、定期的に来院してメンテナンスケアを受けている子供たちにおいては、12歳時に永久歯に一本のむし歯のない人(カリエスフリー)の率90%以上を達成し、歯科先進国のスウェーデンと肩を並べるほどの結果を示しています。
ちなみに、日本全体の12歳時のカリエスフリー率は30%程度です。

また、成人においては、長期にわたりメンテナンスを継続している方は治療後の抜歯率が大変低く、20年以上メインテンスを継続している方については、75歳での残存歯数が平均18本で、厚労省の歯科実態調査における75歳の平均残存歯数8本より、10本も多く残存しています。
こうした日吉歯科診療所の取り組みは、様々な論文になり海外においてもその成果は注目されているほどです。

皆さんが日常的に家庭で行う適切なブラッシングやフロッシング、またフッ化物の効果的な使用が、口腔の健康を守るために必要なことに違いはありませんが、それに加えて、定期的に歯科衛生士に細菌を減らすためのクリーニングをケアとして受けていただくことは、健康を維持することをより確実なものにしていることを立証していらっしゃいます。

それほどに歯科医療においてはメンテナンスの効果は大きなものなのですが、こうした取り組みをシステム化し、診療にきちんと反映させている診療所は残念ながら日本においてはまだ非常に少ない状況にあります。そのような歯科医療のあり方を、一人でも多くのみなさんに理解していただけることを願ってイワイ・ディカル・トリートメント・システム(IMTS)を基本として、スタッフ共々研鑽、実行を行っています。